FUWARI 効果

【産後の肌荒れ】を解消!顔のかゆみ・ブツブツに皮膚科いらずのスキンケアサプリメント

投稿日:

【産後の肌荒れ】を解消!顔のかゆみ・ブツブツに皮膚科いらずのスキンケアサプリメント

美容部員
ここでは、「産後の肌荒れをスッキリと治す方法」をご紹介します。

産後の悩みといえば、「肌荒れ」ではないでしょうか?

出産後には「ホルモンバランスの変化」「育児や授乳による疲れ」「ストレス」などの原因で、肌荒れに悩む人が多くいらっしゃいます。

産後の肌荒れは原因を解消することが難しいため、なかなか治りません。

私の周りにも、出産後に「ニキビや肌の赤み・かゆみが、ずっと治らない!!」なんて言っている人が多くいました。

でも大丈夫!

スキンケアを工夫することで、産後の肌荒れをすっきりと治すことができるんです!

今回は、産後の肌荒れはどうして起こるのか~産後の肌荒れの治し方などを徹底分析!

一緒に、産後の肌荒れを改善していきましょう!

 

もくじ

【産後 肌荒れ】原因は?

産後の肌荒れの原因

美容部員
まず、「産後の肌荒れの原因」をご紹介します。

【産後 肌荒れ 原因】ホルモンバランスの変化&乱れ

美容部員
産後の肌荒れの原因のひとつに、ホルモンバランスの変化や乱れがあります。

女性にとって、女性ホルモンは大変重要なホルモンです。

女性の体や肌は、女性ホルモンのバランスが鍵を握っているといっても過言ではありません。

妊娠中は、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌が活発になります。

しかし、出産すると妊娠中とは逆に女性ホルモンの分泌が滞りがちになります。

産後の肌荒れは、この女性ホルモンの分泌のアンバランスによって起こるのです。

また、女性ホルモンの分泌の変化は、敏感肌にもなりやすくなります。

今まで使っていた化粧品が、急に合わなくなったなんてことも。

さらに、シミも出来やすくなる傾向にありますので、注意が必要です。

【産後 肌荒れ 原因】便秘

美容部員
産後の肌荒れの原因には、便秘もあげられます。

産後のママの体は、水分不足になりがち。

というのも、母乳を作るために体内の水分が使われるからなんです。

また、家事や育児に忙しいため、どうしても自分のことは二の次になってしまいますよね。

食事が十分に取れなくなってしまい、便秘がちになってしまいます。

お産のダメージが治りきっていない状態だと、いきむことも難しくさらに便秘が酷くなってしまいます。

便秘になってしまうと、老廃物が体内に溜まってしまい、ニキビや吹き出物などが出来やすくなります。

【産後 肌荒れ 原因】乾燥

美容部員
乾燥も、産後の肌荒れの原因になります。

便秘のところでも触れましたが、産後は母乳を作るために体内の水分が不足しがちです。

そのため、気がつけば肌がカサカサしたり、かゆみを感じたりします。

また、お手入れをする時間が格段に減ってしまいます。

乾燥しているのは分かっているけど、とにかく時間がない!と感じているママさんは多いのではないでしょうか?

【産後 肌荒れ 原因】育児や授乳による疲れ・ストレス

美容部員
産後の肌荒れの原因で、誰にでも起こりうる原因はやはり育児や授乳による疲れやストレスは外せないでしょう。

授乳は、自分の栄養分を子供に与えることになるため、どうしても体に負担がかかります。

さらに、育児をしているママさんは、ほとんどと言って良いほど自分の時間が持てません。

リフレッシュするまもなく育児や家事に追われてしまうため、ストレスも溜まりますよね。

疲れやストレスは、血流に関係します。

血流が悪くなると、体や肌に必要な栄養や酸素が隅々まで行き渡らなくなります。

その結果、肌荒れを起こしてしまうのです。

肌の乾燥を感じやすくなったり、顔のかゆみを感じたり、肌色がくすむというのも血流の悪さが原因と言えます。

【産後 肌荒れ 原因】睡眠不足

美容部員
肌荒れの原因として、老若男女問わず絶対にあがるのが睡眠不足です。

もちろん、産後の肌荒れの原因でもあります。

育児や家事に追われているママさんは、睡眠時間ですら自分のものにはなりませんよね。

眠くても起きなければいけない状況や、寝たくても眠れない状況ということは日常的に起こってしまうもの。

その結果、睡眠不足になってしまい、肌荒れを引き起こしてしまうのです。

睡眠不足もやはり、血流が悪くなってしまう傾向にあり、全ての肌悩みに直結します。

乾燥を始めニキビや吹き出物、敏感肌などさまざまな症状を引き起こします。

 

【産後 授乳中 肌荒れ】症状は?

産後の肌荒れの症状は?

美容部員
授乳中の産後のママさんに起こりやすい、「肌荒れの症状」にはどんなものがあるのでしょうか?

【産後 肌荒れ 症状】ニキビ・吹き出物・大人ニキビ

美容部員
産後の肌荒れの症状として、ニキビや吹き出物・大人のニキビがあげられます。

産後にニキビが出来やすくなるのには、ホルモンバランスが関係しています。

妊娠中はエストロゲンなどの女性ホルモンが多く分泌され、出産すると急激に減ります。

ホルモンバランスの乱れは、産後しばらく続くため肌荒れを起こしやすく、ニキビなどが出来やすい状態になるのです。

また、育児などの疲れやストレス、寝不足は、肌の代謝機能を低下させます。

そのため、肌の生まれ変わりのリズムが乱れることでニキビなどが出来やすくなるのです。

【産後 肌荒れ 症状】妊娠線

美容部員
妊娠線は、実に半数以上の妊婦さんが経験する肌荒れです。

皮膚に傷跡のように線ができて、場合によってはかゆみを生じたりします。

お腹にできることが多く、スイカの縞模様のようなもの、肌の表面がくぼみ、デコボコしているものなどがあげられます。

また、お腹以外にも、太ももや胸などにも妊娠線はできます。

妊娠線は、皮膚が妊娠の体の変化についていけず、裂けて傷跡になったものです。

乾燥肌の人や細身の人に出やすい症状とされ、高齢出産、妊娠中の急激な体重変化があった人にも発症リスクが高い症状です。

【産後 肌荒れ 症状】シミ

美容部員
産後にシミが出来やすくなる、という話はよく聞きますよね。

産後はホルモンバランスが乱れているため、肌のバリア機能が低下します。

そのため、肌は外部刺激を受けやすい状態になり、刺激を受けた肌は炎症を起こします。

産後は肌の力も低下しているので、炎症がなかなか治らないため、色素沈着を起こしてしまうのです。

また、女性ホルモンのプロゲステロンは、妊娠中に胎盤の形成や子宮の収縮を抑制する働きがあり、とても重要な役割を担っています。

それだけならば良いのですが、プロゲステロンはシミ・そばかすの素を作り出すメラノサイトに働きかけ、活性化させてしまう一面も持ち合わせています。

妊娠中はシミが出来やすい状態ですが、出産するとホルモンは急激に減少するため、メラニンが作られにくくはなります。

しかし、バリア機能は低下しているので楽観視できないのが現状です。

【産後 肌 症状】ザラザラ

美容部員
産後の肌は、ザラザラすると感じることはありませんか?

産後は血流が悪く、肌の代謝が落ちてしまいます。

そのため、肌の生まれ変わりが滞りがちになり、古い角質が残ってしまいザラザラとした肌になってしまうのです。

また、寝不足、栄養不足も肌のザラつきの原因になります。

寝不足は血流を悪くするほか、代謝機能も低下させます。

また、栄養不足は肌に必要な栄養はもちろん、酸素も運ばれなくなってしまうため、肌が酸欠状態に陥ってしまうため新陳代謝が正常に働かなくなってしまいます。

肌のザラつきを感じたときは、代謝が低下していると思った方がいいでしょう。

【産後 肌 症状】乾燥

美容部員
産後の肌は、乾燥しやすい状態です。

ホルモンバランスの影響や育児などの疲れやストレス、寝不足などが原因で、肌の代謝が滞り、バリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると、さまざまな肌ダメージを受けやすくなり、肌の水分も逃げやすくなってしまいます。

乾燥肌が進んでしまうと、敏感肌にもなりやすくなるので注意が必要です。

乾燥対策として、ニベアがいいという話を聞いたことはありませんか?

ニベアは、市販で手に入れられる保湿力に優れたクリームです。

スクワランやホホバ油など、肌に優しい保湿成分が含まれています。

多量に使うとべたつきのもとになってしまいますが、適量であれば水分の蒸発を防ぐ効果があります。

使用する際は、化粧水などで保湿してから蓋の役割で使用することをおすすめします。

【産後 肌荒れ 症状】カサカサ

美容部員
産後の肌荒れの症状として、肌がカサカサするといったものもあります。

カサカサ、いわゆる肌のカサつきですが、原理は乾燥肌と同じです。

強いて違いをいうなら、どちらかと言うと乾燥の一歩手前がカサつきといったところでしょうか。

カサつきの原因は、乾燥と同じくホルモンバランスの乱れ、寝不足、ストレスなどが考えられます。

お手入れ不足も考えられますので、普段のスキンケアは保湿力の高いものを使うのがいいでしょう。

【産後 肌荒れ 症状】かゆみ

美容部員
産後の肌荒れの症状に、かゆみをあげる人も少なくありません。

産後、どうしてかゆみが起きやすいかというと、産後はホルモンバランスの変化により、体質が変わりやすいからです。

しかも、かゆみの原因にはいろいろあり、皮膚疾患のこともあります。

たとえば、じんましん。

じんましんの原因は食べ物や薬などがあげられますね。

免疫力が低下しがちな産後は、本来であれば何ともないものでも、急にアレルギー物質になることがあります。

同じ要因で考えられる湿疹、虫刺されによる皮膚炎もかゆみを伴います。

市販薬でのケアもできますが、我慢できなかったり状態が酷いときには、皮膚科などを受診しましょう。

【産後 肌 症状】ゴワゴワ

美容部員
産後の肌は、ゴワゴワを感じるという人もいるのではないでしょうか。

肌のゴワつきは、毛穴の汚れが原因で起きます。

また、古い角質が肌表面に残ってしまい、肌がゴワつくと言った現象が起きます。

産後の肌は、血の巡りがよくなく代謝が滞りがち。

また、肌に必要な栄養や酸素も、しっかり行き渡らないことで古い角質が残りやすくなり、ゴワつく肌になってしまうのです。

【産後 肌荒れ 症状】顔のかゆみ

美容部員
産後の肌荒れに、顔のかゆみもあげられます。

先程も触れましたが、かゆみはアレルギーが原因になることもありますが、もうひとつ考えられるものがあります。

それは、栄養不足です。

産後は、授乳をしている人は尚更ですが栄養不足になりがちです。

特に、鉄分などのミネラルは、出産時に大きく消費しており、産後もなかなか回復しません。

また、タンパク質も足りない傾向にあります。

タンパク質は私達の体を作る3大栄養素のひとつですが、皮膚もタンパク質から作られています。

肌の素となるものが少ないと、抵抗力も下がり、さまざまな肌トラブルを抱えやすくなってしまいます。

その結果、神経が過敏になってしまい、顔にかゆみを感じやすくなってしまうのです。

【産後 肌荒れ 症状】ブツブツ

美容部員
産後の肌荒れには、ブツブツが増えるという症状もあります。

産後は、全体的に抵抗力が落ちているため、皮膚炎にもかかりやい状態です。

赤みを帯びたブツブツがでたり、かゆみを伴うことも。

ホルモンバランスの乱れにより肌が揺らぎやすく、また育児の疲れやストレスが引き金となって皮膚炎を発症させることもあります。

【産後 肌荒れ 症状】顎のニキビ

産後の肌荒れには、顎のニキビもあります。

顔のパーツの中でも、額や顎は皮脂がでやすく、ニキビが出来やすいのは有名な話ですよね。

皮脂が出やすいところは、汚れも溜まりやすく、ニキビが発症する環境が整い安いと言えます。

産後はバリア機能が低下している上、ビタミンも不足しがちです。

そのため、顎にニキビが出来やすく治すのも一苦労なのです。

【産後 肌荒れ 症状】口周りニキビ

美容部員
産後の肌荒れには、口周りの肌トラブルもあります。

顎のニキビと同様に、口周りにもニキビが出来やすい状況にあります。

ただし、原因は皮脂が関わっているものではありません。

口周りのニキビは、胃腸のトラブルがほとんどです。

便秘になりがちな産後は、腸の働きが鈍くなっており、老廃物が溜まりがちです。

その結果、ニキビなどが出来やすくなります。

また、疲労やストレスが溜まると、つい甘い物を摂取しがちです。

甘い物を食べ過ぎると、やはり口周りにニキビが出来やすくなります。

その原因は、「白砂糖」。

白砂糖を摂取すると、たくさんのビタミンとミネラルが消費されます。

結果的に、ビタミンもミネラルも不足してしまい、口周りのニキビへと繋がってしまうのです。

【産後 肌荒れ 症状】毛穴の開き

美容部員
産後の肌荒れには、毛穴に関する症状もあります。

産後は慢性的な水分不足に陥っています。

そのため、肌にはうるおいやハリがなくなってしまい、毛穴が開き目立つようになってしまいます。

また、なかなかスキンケアに時間が割けないこと、栄養不足のため、肌の支える力衰えてしまっていることも。

【産後 肌荒れ 生理再開 症状】乾燥肌

美容部員
乾燥肌も産後の肌荒れの症状です。

産後の肌荒れは、生理の再開に伴い落ち着いてきますが、すべてが丸く収まるわけではありません。

というのも、生理が再開するということは、女性ホルモンの分泌が正常に戻ったということ。

生理が再開することで、プロゲステロンが再び増え、体が過剰に反応します。

プロゲステロンは、乾燥肌を引き起こすホルモン。

そのため、乾燥肌になりやすくなります。

なお、乾燥肌になる要因としてはホルモンバランスの調整によるもので、排卵を伴う生理が回復するまでは、保湿を念入りに行うことがおすすめです。

【産後 肌荒れ 症状】赤み

美容部員
産後の肌荒れの症状には、赤みが出てしまうことがあります。

原因は、アレルギーやストレス等の内的要因、皮膚に直接刺激が加わることで起きる外的要因の二つがあげられます。

育児などの疲れやストレスが溜まると、免疫力や抵抗力が低下します。

これが内的要因です。

免疫力や抵抗力が低下すると、肌はカサつき始め、敏感な状態へ。

敏感な肌状態になると、神経が過剰に反応してしまい炎症を起こします。

これが、外的要因です。

【産後 肌荒れ 症状】手荒れ

美容部員
手荒れも産後の肌荒れの症状です。

産後は慢性的な水分不足に陥りがちです。

そのため、産後の肌荒れは、顔だけにとどまりません。

忙しさから睡眠不足になり、体に必要な栄養も不足しがちです。

そこにプラスして、日頃の家事が加わることで手は荒れやすくなってしまいます。

手荒れは、カサつきから湿疹へと悪化することもあります。

そうなってしまうと、育児にも支障が出ることもあるかもしれません。

症状が酷くなる前に、ハンドクリームなどで対処をしましょう。

酷い肌荒れや発疹、痒みが出た場合は皮膚科へ行って専門医に診てもらいましょう。

【産後 肌荒れ 症状】おでこ

美容部員
産後の肌荒れは、おでこに現われることも。

ニキビや吹き出物が増える、症状が悪化するなどの肌トラブルが起きることがあります。

原因は、ホルモンバランスの変化と環境の変化が考えられます。

産後は、女性ホルモンが極端に少なくなります。

そのため、ニキビや吹き出物が出来やすい肌状態に。

また、睡眠不足やストレスは便秘を引き起こしやすく、肌荒れの原因になります。

なかなか自分の時間が取れず、思うようなスキンケアが出来ないのも要因にあげられます。

【産後 肌荒れ 症状】湿疹

美容部員
産後の肌荒れで、深刻化しやすいのが湿疹です。

ホルモンバランスが悪い状態が続き、肌が敏感な状態になっている産後。

それに加え、寝不足、疲れやストレス等でバリア機能が低下します。

産後は体力も回復していないため、ダメージを跳ね返す体力もなく、トラブルを起こしやすくなります。

スキンケアで治る肌荒れなら良いのですが、湿疹、皮膚炎になってしまうと、医療機関へ受診した方がいいでしょう。

適切に対処をすることで、症状を軽減することができます。

【産後 肌荒れ 症状】ヒリヒリ

美容部員
産後の肌荒れには、ヒリヒリする症状のものもあります。

肌のヒリつきは、乾燥によるものと言えます。

産後は、表面的な乾燥ではなくもっと内面から乾燥しています。

乾燥している肌の表面は、キメが粗く、神経も過敏になっています。

人によってかゆみを感じる人もいますが、ヒリヒリすると感じる人も。

ヒリつきは、敏感肌の手前でもあります。

十分に注意しましょう。

【産後 肌荒れ 症状】抜け毛

美容部員
産後のママの悩みに、抜け毛が多くなったという人もいます。

歴とした名前も付いていて、「分娩後脱毛症」や「産後脱毛症」と呼ばれています。

抜け毛の原因は、女性ホルモンの変化があげられます。

また、睡眠不足やストレス、授乳による栄養不足により、抜け毛が多くなります。

ただ、抜け毛は一過性のものなので、深刻に考えすぎない方がいいという専門家の意見も。

産後の抜け毛は、妊産婦の半数にみられる症状で、正常な体の変化なので、精神衛生上、気にしすぎない方が良いかもしれません。

【産後 肌荒れ 症状】化粧

美容部員
産後に化粧をしたら肌が荒れてしまった、ということはないでしょうか?

今までは何ともなかった化粧品が、突然合わなくなることは珍しい話ではありません。

産後のママの肌は、それだけ敏感になっているということです。

ファンデーション等の化粧品は、できるだけ敏感肌用のものに切り替えることをおすすめします。

敏感肌用の化粧品は、肌への負担も少なく、肌を守る効果に優れています。

一時的なものではありますが、肌状態に合ったものを使うことでダメージを軽減することができます。

【産後 肌荒れ 症状】生理

美容部員
産後の肌荒れは、生理が再開する頃には症状が治まると言われています。

ただし、生理が再開すると、女性ホルモンの分泌も行われるようになります。

もちろん、喜ばしいことではありますが、プロゲステロンという女性ホルモンには要注意!

それは、プロゲステロンは乾燥肌を引き起こすからです。

体が、プロゲステロンに過剰に反応してしまった場合、乾燥肌を引き起こすことも。

また、ホルモンバランスを調節している時期は、比較的肌が乾燥しやすい状態です。

産後、生理が再開されても、排卵日がないことは多くあります。

排卵日が確立する生理が来るまでは、ホルモンバランスの調整中ということで、肌が乾燥しやすいので気をつけましょう。

【産後 肌荒れ】いつまで続く?

美容部員
産後の肌荒れって「いつまで続くの?」と気にされる人が多くいますが、だいたい半年~1年位続きます。

そもそも、出産した時の傷や子宮は、1年~2年をかけて徐々に戻っていきます。

女性ホルモンはもっと短く回復し、半年~長い人では1年以上もかかる人も。

産後に生理が再開されるのもその頃で、個人差はあるものの概ね8ヶ月が目安になります。

出産がいかに体力を使い、体に影響を与えるかが分かる数字ですよね。

 

【産後 肌荒れ】ひどい場合は病院(皮膚科)へ!処方される薬は副作用に注意点!

注意

美容部員
産後の肌荒れがひどい場合は病院(皮膚科)へ行かれることをおすすめします。…ただし、処方される薬には副作用があるので注意が必要です!

産後の肌荒れは、一定の時期が来ると自然と良くなります。

しかし、中には1年以上経っても回復しない人もいます。

その場合、ホルモンバランスの影響だけではなく、他の要因も考えられます。

生活の質の問題(過度な睡眠不足、栄養不足、ストレス)を改善することで、回復することもあるので、生活習慣を一度見直してみるのもいいでしょう。

【産後 肌荒れ】ひどい場合は皮膚科へ

美容部員
産後の肌荒れがひどい場合は、皮膚科へ行きましょう。

産後から時間が経つと、ホルモンバランスが整い、体力も回復し始めるので、スキンケアで改善することは可能です。

ただし、肌状態には個人差があり、スキンケアでは改善出来ないほど肌荒れが進んでしまっている場合もあります。

そのようなときは、速やかに皮膚科を受診することをおすすめします。

目安としては、化粧品を受け付けないほどの敏感な肌になってしまった。

または、化粧品を使い続けても発疹、赤み、かゆみが治らないなど、いつもと違うと感じたら、皮膚科で診てもらいましょう。

【産後 肌荒れ】皮膚科で処方される薬とは?

美容部員
皮膚科を受診した際に処方される薬は、どのようなものになるのでしょうか?

・抗ヒスタミン剤(アレルギーやかゆみを抑える薬)
・ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤で、患部に塗る外用薬)
・保湿剤(ヒルドイド、ワセリン、尿素クリームなど)

などがあげられます。

もちろん、上であげたものはごく一部です。

受診した医療機関によって、処方される薬は違いますので、医師や薬剤師と相談した上で適切な薬を選びましょう。

【産後 肌荒れ】皮膚科で処方される薬は副作用に注意!

美容部員
皮膚科で処方される薬は、副作用に注意する必要があります。

特に、産後は授乳中の人もいますよね?

授乳中はNGの薬もあり、服用を控えた方が良い物もあります。

抗ヒスタミンは、授乳中はNGの薬です。

アレルギーの原因を特定できない場合、かゆみ止めとして処方されることが多い薬です。

副作用は、めまいや眠気などの中枢神経に出ます。

この医療成分が母乳にも表れる可能性があるため、NGとされているのです。

また、ステロイド剤も授乳中は控えたい薬のひとつ。

皮膚から吸収された医療成分が、血液中に溶け、母乳として出る可能性がゼロではないからです。

効果が高い反面、皮膚が薄くなってしまったり、使用を中止した途端に症状が悪化してしまったりする場合も。

長期間の服用は避けるべき薬としても有名ですよね。

薬には、必ず副作用がありますが、絶対にかかるものではありません。

しかし、ナーバスな産後の体。

普段なら現われない副作用が、現われてしまうこともあります。

医師や薬剤師の指示に従い、言うべき点はしっかり伝え(授乳中である旨など)、適切に使うようにしましょう。

【産後 ピル】産後にピルを服用するときの注意点

美容部員
薬の話が出たので、「ピル」についてもお話をしておきましょう。

産後、ピルを服用したい場合もあるかと思います。

結論から言うと、授乳期間中のピルの服用は出来ません。

授乳中の女性は、産後6ヶ月間ピルを服用することが出来ず、6ヶ月以降は医師と相談して服用が可能になります。

母乳は、母親が摂取したものでできます。

そこには、当然、薬も含まれます。

特にピルの場合、ホルモン薬であり、ピルに含まれる人工ホルモンが母乳に含まれてしまいます。

また、ピルの成分の働きによって、母乳が出にくくなることも。

基本的には授乳期間中は避けるべきではありますが、どうしても服用しなければいけない場合は、断乳という形を取らざるを得ません。

また、望まない妊娠を防ぐために「アフターピル」を行うことがあります。

その場合、継続して服用するわけではないので、そこまで母乳に影響はありません。

しかし、服用したことには変わりないので、アフターピルを飲んだら最低でも24時間は授乳を避けるよう推奨されています。

ピルの服用に関しては注意点が多いので、専門医に相談し、適切に対応しましょう。

【産後 肌荒れ】改善するスキンケア方法とは?

産後の肌荒れのスキンケア方法は?

美容部員
ここからは「産後の肌荒れを改善するスキンケア方法」をご紹介します。

【産後 肌荒れ スキンケア】保湿

美容部員
産後のママの肌は、慢性的な水分不足のため乾燥状態!…そのため、スキンケア方法としては保湿がとても大切になります。

産後のママの肌は、乾燥もそうですが敏感肌にも傾いています。

今まで使っていた化粧品が肌に合わなくなってしまったら、敏感肌用のものに切り替えましょう。

敏感肌用の化粧品は、肌に負担を掛けることなくスキンケアができます。

例えば、市販で販売しているものだと「キュレル」などが敏感肌用の化粧品です。

敏感肌用じゃなくても大丈夫、という場合は、出来るだけ保湿力の高いものを使うようにしましょう。

全体的に保湿力のあるものだと重い場合は、化粧水だけでも構いません。

産後のママのスキンケアで話題になっている物があります。

それが「馬油」です。

馬油は、漢方薬の一つで馬の脂のことをさします。

馬油は、人の皮脂のよく似た性質を持っていて、馴染みやすく浸透しやすいのが特徴です。

また、抗酸化作用や殺菌作用にも優れていて、ニキビや肌荒れなどにも効果的です。

血流の改善をする効果もあり、マッサージをすると肌のターンオーバーも促進され、肌荒れを改善しやすくなります。

何より嬉しいのは、口に入れても安全のため副作用がないこと。

産後のママのスキンケアのアイテムとして、検討しても良いかもしれませんよね。

また、オールインワンタイプのスキンケアもおすすめです。

育児に家事に忙しいママは、スキンケアに時間を割くことが難しい場合もあるでしょう。

そんな時は、化粧水、美容液、乳液等の美容アイテムがひとつになっているオールインワン化粧品の出番です。

そのひとつでスキンケアが完了するため、時短になります。

これなら、さっと塗れるので負担にならないのではないでしょうか。

【産後 肌荒れ スキンケア】紫外線対策

美容部員
産後の肌荒れを改善するのには、紫外線対策も欠かせません。

紫外線は、肌の奥まで浸透しダメージを与えます。

紫外線はシミを作るだけではなく、実は肌を乾燥させる犯人でもあります。

また、乾燥肌は紫外線の影響を大変受けやすい状態なんです。

生魚と干物を焼いたとき、どちらが早く焼けるかを考えると分かりやすいかもしれませんね。

魚焼き器に紫外線は使われてはいませんが、原理としては同じです。

つまり、肌が乾燥気味の産後のママは、紫外線の影響を受けやすいということになります。

外出の際は、日焼け止めを塗って外に出るようにしましょう。

また、紫外線はガラスもすり抜けて降り注ぎます。

屋内だからと油断せず、普段から日焼け止めを塗るようにしましょうね。

なお、日焼け止めも敏感肌向けの商品が多く販売されています。

自分に合った日焼け止めを見つけて下さいね。

【産後 肌荒れ スキンケア】食事・食生活

美容部員
産後の肌荒れの改善には、栄養バランスを考えた食事をとるようにし、食生活を見直しましょう。

タンパク質やアミノ酸は、肌づくりには欠かせない栄養素です。

肌の根本を作る栄養素なので、しっかりと摂取するようにしましょう。

また、ビタミン、ミネラルも不足しがちです。

野菜や果物、海藻類なども積極的に摂取するようにしましょう。

とは言え、なかなか食事を改善することは難しいですよね?
そんな時は、サプリを活用すると良いでしょう。

サプリメントは、栄養成分を凝縮して作られている栄養補助食品です。

足りない栄養素を補給することができ、食事では摂取出来ない栄養素を摂取することもできます。

決まった量を摂取すればいいので、気軽に食事を管理することができます。

ニキビが気になる人は、「チョコラBB」もサプリメントの一種ですので、試してみてはいかがでしょうか。

【産後 肌荒れ スキンケア】ストレス発散

美容部員
産後の肌荒れの改善には、ストレス発散も欠かせません。

ストレスは、体の至る所に影響を与え、肌に対しても影響を及ぼします。

できるだけストレスを溜めないように、発散できる場所を作りましょう。

本来であれば、外出したり、食べたいものを食べたりと、やりたいことをやるのが一番です。

しかし、なかなか外に出ることもままならない時もありますよね。

そんな時は、寝るのが一番です。

睡眠は、脳を休ませる大切な行為です。

脳をしっかり休ませることで、自律神経やホルモンバランスが整い、感情のコントロールもしやすくなります。

夜にまとまった睡眠時間が取れない場合は、お子さんと一緒にお昼寝をするのもいいですよね。

感情をコントロールできない自分にイライラしてしまう、ということってありますよね。

そんな時は睡眠です!

無理にストレスを発散しなければ!と思うと、かえってそれがストレスになることも。

肩肘張らずに、自分がやりたいこと、やれることをしましょう。

【産後 肌荒れ スキンケア】洗顔

美容部員
産後の肌荒れの改善には、洗顔を丁寧に行うことを心掛けましょう。

産後はホルモンバランスが乱れがちになり、ニキビが出来やすくなりますよね?

その理由は、プロゲステロンが増加することにあります。

プロゲステロンは、男性ホルモンに似た働きをし、皮脂の分泌を促進します。

その一方で、美肌を促すエストロゲンは減少。

そのため、過剰に皮脂が分泌されニキビが出来やすくなるのです。

ニキビのケアには、丁寧な洗顔が不可欠です。

不安定な肌状態なので、ゴシゴシ洗うのは厳禁!

低刺激の洗顔料をしっかりと泡立てて、肌に負担を掛けないように、優しく丁寧に洗顔しましょう。

また、低刺激であればピーリングも効果的です。

【産後 肌荒れ 対策】おすすめの基礎化粧品(化粧水・クリーム)は?

FUWARI(ふわり・フワリ)プラセンタサプリメントはおすすめ

美容部員
ここからは「産後の肌荒れ対策におすすめの基礎化粧品」をご紹介します。

【産後 肌荒れ 対策】美白に関する成分

美容部員
まずは、産後の肌荒れにはどんな美白・美容成分がおすすめなのかをまとめてみました。

妊娠中に多く分泌されるプロゲステロンの影響で、シミ、そばかすが出来やすい肌状態にあります。

産後は分泌量が一気に減るものの、女性ホルモンの分泌が戻るまでには時間がかかります。

そのため、シミそばかすを増やさないための美白ケアは大切になります。

積極的に取り入れたい美容成分としては、

・プラセンタ
・ビタミンC誘導体
・葉酸
・コウジ酸

などがあります。

葉酸は意外かもしれませんが、実は葉酸は新陳代謝を促す効果があります。

そのため、シミの排出やニキビの改善に効果的なんですよ。

【産後 肌荒れ 対策】保湿に関する成分

美容部員
慢性的な乾燥に陥っている産後のママの肌には、保湿効果が高く、バリア機能を回復させる美容成分がおすすめです。

保湿をしっかり行うことで、バリア機能は回復され、いかなる肌トラブルにも負けない肌に。

積極的に取り入れたい保湿成分としては、

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・セラミド
・アミノ酸

などがあります。

上であげた美容成分の入っている化粧水やクリームが、産後のママにはおすすめです。

【産後 肌荒れ 対策】おすすめ化粧水

C-マックスローション

産後の肌荒れにおすすめの化粧水はコチラ

 

【産後 肌荒れ 化粧水】C-マックスローション 100ml 通常価格8,000円(税抜)

美容部員
それでは、具体的におすすめの化粧水をご紹介します。

C-マックスローションは、有名芸能人や人気モデルが愛用し、絶賛している実力派化粧水です。

お得の定期コースで注文すると、初回は50%オフの4,000円(税抜)でお試し頂けます。

また、2回目以降も20%オフで購入できます。

ニキビ跡の色素沈着や、デコボコ毛穴肌に悩んでいませんか?
そんな人に、特におすすめの化粧水になります。

C-マックスローションの特筆すべき点は、ビタミンC誘導体。

高濃度、且つ上質なビタミンC誘導体の効果により、毛穴を引き締め、過剰な皮脂の分泌を抑えます。

また、ビタミンC誘導体は美白効果も抜群!

肌のきめを整え、透き通るような肌の透明感を引き出してくれます。

また、浸透力もピカイチ!

C-マックスローションは、皮膚学会で最も効果を報告されている「リン酸アスコルビルMg」というビタミンC誘導体の一種を配合。

しかも、肌に効果を人感で着る最大濃度の6%を配合しています。

通常のビタミンCよりも、ミネラルやマグネシウムが豊富に含まれるので約10倍もの浸透力が!

肌の奥にまで素早く浸透し、ビタミンCの効果を短期間で実感することができるのです。

また、リン酸アスコルビルMgは、安全性が高い成分です。

そのため、美容医療機関や美容皮膚科でも多く使われています。

産後のママの揺らぎやすい肌にでも安心して使えるのは、本当に嬉しいところですよね。

その他、ビタミンAにより毛穴の詰まりを防ぎ、ビタミンB5の効果でキメを整えます。

ローズマリーエキスが配合されているため、収れん効果も高く、肌を引き締めてくれます。

【産後 肌荒れ 化粧水】使用者の口コミ評判・評価

テカリが減って、化粧崩れをしにくくなった
肌のデコボコが改善!鏡を見るのが辛くなくなった
赤かったニキビ跡が薄くなり、使った後の肌がさらさらして気持ちが良い!
あご周りの頑固なニキビが治った!

などがあります。

C-マックスローションは、女性だけではなく男性も使うことができます。

ご家族で、ニキビやニキビ跡、デコボコ肌の改善に使うことができますよ!

産後の肌荒れにおすすめの化粧水はコチラ

【産後 肌荒れ 対策】おすすめクリーム

AFC 女性100人の声から生まれた妊娠線対策「マタニティクリーム」

産後の肌荒れにおすすめのクリームはコチラ

【産後 肌荒れ クリーム】マタニティクリーム 120g(約1ヶ月分) 通常価格2,800円(税抜)

AFC 女性100人の声から生まれた妊娠線対策「マタニティクリーム」

美容部員
ここからは、産後の肌荒れにおすすめのクリームをご紹介します。

マタニティクリームは、多くのメディアからも取り上げられる、今注目のクリームです。

単品購入だと、2,800円(税抜)ですが、3本セットで購入すると10%オフの7,500円(税抜)で購入でき、お得になっています。

また、サンプルを試すことができ、3g×2回分が無料で試せます。

マタニティクリームの特筆すべき点は、「葉酸」が配合されていること。

葉酸という栄養成分は、体のあちこちに作用する大変重要な成分です。

体のさまざまな機能が正常に働くように、サポートする効果があります。

造血効果や細胞の再生を助ける効果などがあり、多くの女性、特に妊活中の女性には積極的に摂取した方がいいとされていますよね。

この葉酸は、肌に対しても効果があるのをご存じでしょうか?

葉酸が配合されている化粧品を使うことで、妊娠線の予防やケアが出来るんです!

葉酸には、細胞の再生を助ける効果があるとお話しました。

これは、化粧品として使っても有効的に働きます。

葉酸が細胞の再生を助けることで、皮膚の亀裂を埋め、妊娠線を目立たなくさせる効果があるのです。

また、葉酸は新陳代謝を促す効果があります。

新陳代謝が促されることで、肌の生まれ変わりのリズムがスムーズになります。

その結果、肌が本来の美しさを取り戻しやすくなるのです。

マタニティクリームには、葉酸がたっぷりと配合されています。

葉酸を気になるところに塗ることで、肌の成長を促し、きれいになる手助けをします。

また、気分がナーバスになりがちな妊娠中のママや産後ママの心もケア。

ビターオレンジの香りのするハーブ、ネロリの天然アロマオイルを配合。

リラックス効果を高め、ストレスや緊張をほぐします。

気になる肌悩みを、しっかりケアする成分として、2種類の美容成分が配合されています。

「ライマメ種子エキス・ダーマクロレラ」で肌にうるおいとなめらかさを。

肌を整える「アラントイン」も配合され、元通りのつるつるの肌に導きます。

【産後 肌荒れ クリーム】使用者の口コミ評判・評価

肌が敏感な状態でも使えて、香りもリラックスできるから好きです
出産前から使用。出産後も肌のデコボコが気にならない
伸びがよくべたつかないので、ストレスなく使える
つわりが酷い時期でもこれは大丈夫だった!

などがあります。

マタニティクリームは、全身に使えるクリームです。

お腹以外にも、気になるデコボコに使用できるのも魅力ですよね。

さらに、ママだけではなく赤ちゃんにもお使い頂けます。

国産のため、徹底した管理体制のもとで製造されているため安心です。

産後の肌荒れにおすすめのクリームはコチラ

【産後 肌荒れ 対策】おすすめ化粧品:オルビス化粧品

オルビス化粧品産後の肌荒れにおすすめの化粧品はコチラ

【産後 肌荒れ おすすめ化粧品】オルビス U(ユー)シリーズ

オルビス化粧品

美容部員
産後の肌荒れケアにおすすめのオルビス化粧品をご紹介したいと思います。

オルビスUシリーズは、何をやってもすぐ乾く・・そんな女性の切実な悩みから誕生した化粧品です。

価格は、モイストアップローション(化粧水)180mlで2,800円(税抜)。

ナイトメモリーモイスチャー(クリーム)30gで3,000円(税抜)となっています。

その他に、朝用の日中用保湿液、洗顔料があります。

オルビスの通販を初めて利用した場合、贅沢体験セットというものが用意されています。

モイストアップローション1本とUシリーズの7日間サンプル、特製抗菌タオルが付いて2,800円(税抜)で購入出来ます。

また、サンプルから試したい人には、オルビスUトライアルセットもあり、1,200円(税抜)で、オルビスUシリーズを試すことができますよ。

さらに、オルビスは購入金額ごとにポイントが付与され、初回から使用することができます。

詳細は、オルビスの公式サイトをご確認下さいませ。

さて、オルビスUには「ヒートショックプロテイン(HSP)」が配合されています。

HSPは、肌の弱点を見つけて、狙い撃ちすることができる成分です。

そのため、その人の今の肌の弱点をカバーすることができ、根本的な改善に近づくことができます。

独自の保湿成分の効果により、肌の隅々までうるおいで満たし、慢性的な乾燥に苦しむ産後ママの肌にも優しくアプローチします。

また、忙しい現代女性のために作られているオルビスUは、時短スキンケアになっています。

洗顔も含めると、朝晩ともに3ステップで終了です。

忙しくても手抜きはしたくない!という人に、とてもおすすめのスキンケアです。

【産後 肌荒れ おすすめ化粧品】使用者の口コミ評判・評価

オルビス化粧品

内側からふっくら感を実感!
驚きの浸透力に感動!ハリ感も出て、毎朝鏡を見るのが楽しみ
とろみがあるのにべたつかず、浸透力がとにかく抜群!
肌悩みが多いので、オルビスUのような肌悩みごとにケアしてくっる成分が入っていると助かる

などがあります。

エイジングケア初心者で、何をどうケアすれば良いか分からない人にもおすすめですよ!

産後の肌荒れにおすすめの化粧品はコチラ

 

【産後 肌荒れ おすすめサプリ】産後ママのために作られたサプリメント

プラセンタサプリ「FUWARI」(ふわり・フワリ)

産後の肌荒れにおすすめのサプリメントはコチラ

【産後 肌荒れ おすすめサプリ】FUWARI(フワリ) 1袋90粒入り 初回特別価格 980円(税込)

美容部員
ここでは、産後ママのために作られたサプリメントをご紹介したいと思います。

FUWARIは、女性のキレイをサポートする、「脱!肌荒れサプリメント」です。

サプリメントは漢方と同じく、継続して服用することで効果を得ることができるものです。

FUWARIは「食べる美容液」と言われ、服用することで美肌に導きます。

その秘密は、高純度・高品質のプラセンタが配合されていること。

プラセンタの中でも、馬プラセンタは高品質と言われていますが、FUWARIは豚プラセンタで同等の効果を実現しました。

独自の酵素分解抽出によって、馬プラセンタ同等のアミノ酸量に近づけることが可能になったのです。

そのため、馬プラセンタよりもお得に、でも同じ効果を得ることが出来るんです!

プラセンタは、「胎盤」という意味で、胎盤には赤ちゃんが育つために多くの栄養成分が含まれています。

ビタミン、ミネラル等の、美肌に欠かせない成分も豊富に含まれています。

さらに、FUWARIはそれだけではありません。

アスタキサンチンやエラスチンなどの贅沢な美容成分をふんだんに配合。

いつまでも透明感のある、うるおいとハリに満ちた肌に導いてくれますよ。

【産後 肌荒れ おすすめサプリ】使用者の口コミ評判・評価

目尻の小じわが気にならなくなった
ママ友の間でFUWARIが絶賛されています。確かに、使っているママ友の肌が、間違いなくキレイになっているんですよね!
ママ友から、化粧品変えた?なんかキレイになったね!と褒められた
飲んで翌日から効果を実感!化粧のりがとてもよくてびっくり!
イライラが軽減されました。プラセンタって凄い!

などがあります。

FUWARI(ふわり・フワリ)プラセンタサプリ公式サイト

 

【さいごに】

美容部員
最後にご紹介したFUWARIですが、産後のママのためのサプリなので一番おすすめできます。

今までのお話の通り、産後のママは時間に追われています。

育児や家事に睡眠することもままならない状況に、スキンケアなんてできる余裕なんてないですよね?

そんなママにこそ、FUWARIをおすすめしたいのです!

FUWARIは食べる美容液と言われるほど、スキンケア効果の高いサプリメントです。

あれこれする時間はなくても、食事のついでに飲むことができます。

また、自然由来のものが原料として使われているため、安心して飲むことができます。

もちろん、副作用もなく、授乳中のママにも服用できます。

プラセンタは、母乳が少なくなってしまう「乳汁分泌不全」の治療にも用いる成分で、FUWARIの場合は、安全性も確立されているため安心して飲めますよ。

価格もお得で、初回は980円で試せてお財布にも優しいですよね。

2回目以降も、通常価格7,020円のところ50%オフの3,480円で続けることができます。

回数の縛りがないため、いつでも中止することができ、90日の返金保証も付いています。

送料が無料なのも嬉しいですよね。

産後のママのために作られたFUWARIを活用して、快適なママライフを送って下さいね!

産後の肌荒れにおすすめのサプリメントはコチラ

-FUWARI 効果

Copyright© FUWARI(ふわり)プラセンタって実際どう?効果なし?悪い口コミは本当か検証! , 2018 All Rights Reserved.